【初心者向け】バス釣り初心者におすすめ!ラインの選び方!

バス釣りにはたくさんの道具が必要になってきます。

ロッド、リール、フック、ルアーなどどれが大事かってのは人によっても変わりますが、極端な話、ロッドとリールがなくてもラインとフックがあれば釣り自体は成立するでしょっていうくらい大事なのが、フックとライン。

ラインはリールに巻いて、ロッドを通りフックを付ける。ラインだけがすべての道具に直接触れているわけです。

なので、ライン選びはとても重要ですよっていうことです。

ナイロンラインの特徴

ナイロンラインの特徴はしなやかで伸びがあり、根ズレに弱いこと。あとは比重が軽いことです。

突然のバイトにもライン自体が伸びることでショックを吸収してくれます。

巻物での使用やトップウォーターでの使用などが向いていて、カバー周りなどラインが傷つくようなシチュエーションには向いていません。

よく勘違いされがちなのが、同じポンド数のフロロラインと比べると太くなるんじゃないかっていうことですが、フロロラインとナイロンラインの太さは基本的は同じだと言うことです。

ナイロンラインの特徴
  • 伸びがある。
  • 比重が軽い。(水に沈みにくい)
  • 根ズレに弱い。
  • 価格が安い。

フロロラインの特徴

バス釣りに慣れてくると、フロロラインの使用頻度がかなり多くなってくると思います。

フロロラインは、ナイロンラインに比べて伸びが少なく感度が良いことが特徴です。また、根ズレにも強くカバーやストラクチャーでも大活躍。

比重が重く、水に沈むのでトップウォーターなどには向いていないラインです。

フロロラインはライトリグからカバーまで使うので、自分のお気に入りを見つけておくといいですよ。

フロロラインの特徴
  • 伸びが少ない。
  • 比重が重い。(水に沈む)
  • 根ズレに強い。
  • 価格が高い。

PEラインの特徴

PEラインは細い糸を編み込んで作られるラインです。

時々、編み込んである糸の本数が多ければ強いとか釣具屋さんで言っている人も見かけますが、それは違います。

糸一本一本の強度が高ければ4本編みでも強いですし、8本で編み込んであるPEラインと同じような強さがあります。

バス釣りでは、ナイロンラインとフロロラインを基準に考えることが多く、ポンド数で表示されていることが多いですがPEラインは号数で表示されていることがほとんどなので、号数の横にポンド数の記載があるかパッケージの裏を見て糸の強さを確認します。

PEラインの特徴
  • 伸びが全くない。
  • 比重が軽い。(水に沈まない)
  • 根ズレに弱い。
  • 価格がかなり高い。

バス釣り初心者におすすめのナイロンライン

ナイロンラインでもっとも有名なのは並木俊成氏が監修した、マシンガンキャストです。

安くてどこにでも売っている安定さがうれしいです。ラインは同じナイロンラインで太さも同じでもメーカーによって感覚が大きく変わってきちゃうんですよね。同じメーカーの中のナイロンライン同士でも違ってくるので、安易に違うものを使わないで同じものを使うことがおすすめです。

バス釣り初心者におすすめのフロロライン

フロロラインはサンラインから発売されている、AZAYAKAがおすすめ。

バス釣り初心者からするとこのラインは高くて買えないよ!って人もたくさんいると思います。

だけど、バス釣り初心者だからこそこのAZAYAKAを使ってほしいです。

AZAKAYAは決まった長さごとに色が付けられていて、キャスト後に目でラインの変化が見やすくなっています。

バス釣りでは、手元に伝わるバイト以外にもラインの動きでしかわからないこともあるので、AZAYAKAはすごくメリットになると思います。

ルアーにAZAYAKAを結ぶときは透明な部分で結ぶのがベストです。

バス釣り初心者におすすめのPEライン

PEラインはデュエルのアーマードF+がおすすめ。

価格は中間。150mと記載があるので、実際は使う量としたら一回分はこの半分です。

PEラインには4本編みから12本編みなど、編み込みの本数に差があるので注意しましょう。

カバーで使いたいなら一本一本が強い4本編み。カバーで使用しないのであれば8本編み以上を使うとなめらかでつか安いです。

アーマードF+はPEラインの表面をフロロの粒子でコーティングされているため、トラブルが少なくカバーにも適しているPEラインだと思います。

パワーフィネスで使うときは、0.8号から1.2号を使うといいと思います。

まとめ

ラインはバス釣りにおいてもっとも重要なアイテムの一つです。

ラインをうまく使い分けることで釣果のアップにもつながってくると思います。

ナイロンラインは巻物などのルアー。

フロロラインはライトリグやカバー・ストラクチャーでの使用。

PEラインはパワーフィネスやトップウォータールアーでの使用。

などと使い分けるのがベストです。

バス釣り初心者はラインの特徴を知って、使い分けることで釣果のアップはもちろん釣り自体のストレスも軽減されるはずなので、適当にセットしないで適したラインを使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です