【超簡単】バス釣り初心者でもできる自作スモラバの作り方

スモラバって色々なメーカーからタイプ別に分けられていて素晴らしいものがたくさんありますよね。

スモラバは購入すると500円前後で、めちゃめちゃ高いとも言えないのでついつい買っちゃいます。

でも、市販のスモラバってなにか物足らなくないですか?

そう。欲しいカラーがないときがあるんです。

自作のスモラバなら自分が欲しいウエイトの欲しいカラーで作ることができちゃうんです。

ということで今回は、バス釣りでよく使うスモラバの作り方を解説します。

自作スモラバに必要な道具

よくスモラバやラバージグを自作するときに使う、バイスは必要ありません。

バイスはスレッドで自作するときに必要ですが、スレッドだと針金で自作するよりも難易度が上がり、個人的には強度が心配なので自作するときには使いません。

ジグヘッドはワームキーパーが付いているものが望ましいです。フックだけだとラバーを巻いたときに中心部分が細くなり過ぎるため、締め込みが不十分になる恐れがあるので。ウエイトはお好みでご用意ください。

シリコンスカートも好みの色や太さを選んでください。

針金は、0.3mm前後のものがおススメです。これよりも細いと締め込むときに切れやすくなります。逆に太くすると、仕上げが綺麗に見えなかったり、ウエイトが乗ってしまうため。

ペンチは先端がまっすぐタイプで細すぎず太すぎないものを用意します。

自作スモラバの作り方手順

自作スモラバの作り方手順①

まず、針金(0.3mm)ニッパー大体10cmから15cmほどに切ります。

最初は短く切りすぎると、スモラバに巻くときに難しくなるので心配なら20cmほどに切るほうがいいかもです。

自作スモラバの作り方手順②

シリコンスカートを一枚置きます。

次にその上にジグヘッドを置きます。この時、ジグヘッドのシンカー側のシリコンスカートは自分がスモラバを完成した時のイメージよりも少し長めにしておきます。最後にカットして調整するためです。

その上にもう一枚のシリコンスカートをおきます。(最終的にラバーが多い自作スモラバを作りたいのであれば2枚シリコンスカートを乗せるようにします。反対に少なくしたいときには、1枚のシリコンスカートを縦に分割すれば少なくなります。)

先ほど、カットした針金(0.3mm)を全体に巻き付くように一回転させ軽く締め込みます。

2回転目の頂上で針金(0.3mm)同士を軽く手でねじります。

自作スモラバの作り方手順③

手で軽くねじったら、ペンチで適当な場所を掴み、締め込んでいきます。

締め込むときには、どこを掴むかは気にしなくて大丈夫。適当に締め込んでいって、根もとまで締め込みがくれば、自作スモラバの完成は目の前!

なるべくしっかりと締め込むけど、締め込みすぎない。優しく力強く、作業をしてください。

自作スモラバの作り方手順④

しっかりと締め込んだら、シリコンスカートを軽く引っ張ってみてズレなければOKです。

締め込んだ針金(0.3mm)の根もと付近5mmほど残してニッパーでカットします。

自作スモラバの作り方手順⑤

自作スモラバではシリコンスカートの長さも自由自在。自分の思った長さでシリコンスカートをカットしましょう。

自作スモラバの作り方手順⑥

さらにスモラバの下側もはさみで、好みの長さにカットして完成です!

自作スモラバの作り方手順⑦

自作スモラバの完成です!

まとめ

自作スモラバは、慣れれば一つ3分くらいで出来そうです。

バイスとスレッドを使った方法は微妙な力加減など難しい部分があるので、針金(0.3mm)を使った方法がおススメです。

個人的には、スレッドの方法と針金(0.3mm)を使う方法では好みの問題もあると思いますが、針金(0.3mm)を使う方法は簡単でデメリットがないと思います。

ここで紹介しているジグヘッドは鉛ですが、シリコンスカートと合わせても一つ100円以下で出来ますよ。

ニッパーペンチは100円ショップに売っているもので十分です。

ちなみにジグヘッドは売っていればですが、ラインアイの角度が45°になっているものが根がかりが少なく便利です。

以上、自作スモラバの作り方でした。

BASS LIFEを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です