今まで黙っていたんですがジャークベイトが好きなんです。

WEB上の記事って本当に使ったことあるのか、怪しいのも多くないですか?

その点この記事では、実際にすべて使ってみて感じたことを書いていきますので安心してください。

この記事を読めばどんなジャークベイトがあって、ジャークベイトの能力がどんな感じかわかりますよ。

数値に関しては僕の独断と偏見なので悪しからず。

ジャークベイトの特徴を数値化

ルアー飛距離水押しダート幅操作感エビ
レイダウンミノー110JP35351
タダマキ132JP5+4443
レベルミノー53352
ワールドミノー43242
HUミノー54332
RVミノー53332
ワンテンR42231
ワンテンR+143341
エリー95SD42452

※ 数値は5が最高です。

エビは画像のようになることで、数値が高いほどなりやすくなっています。

ジャークベイトを色々試して見たけど、最近のルアーは性能が高くてどれも素晴らしいものばかりでした。

レイダウンミノー110JP:ノリーズ

※ レイダウンミノーだけ写真撮り忘れました。。。

レイダウンミノー110JPの能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★☆☆
  • 水押し・・・・・・・★★★★★
  • ダート幅・・・・・・★★★☆☆
  • 操作感・・・・・・・★★★★★
  • エビ・・・・・・・・★☆☆☆☆

非常に扱いやすいジャークベイト。

ジャークしている感じが手元にも分かりやすく伝わってくるし、しっかりとした水押しもおるのでバスも呼べる。

固定重心なので飛距離が抜群とは言いませんが、バスを釣るために必要な飛距離は十分でるので問題ないです。

それよりも圧倒的な使いやすさが魅力。

タダマキ132JP:ノリーズ

タダマキ132JPの能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★★★+
  • 水押し・・・・・・・★★★★☆
  • ダート幅・・・・・・★★★★☆
  • 操作感・・・・・・・★★★★☆
  • エビ・・・・・・・・★★★☆☆

ボディが透けていて丁度見やすいと思いますが、固定重心なんです。

良いアクションを出すには固定重心っていうのは大前提ですが、その分飛距離を犠牲にすることになる。

でも、タダマキ132JPは飛距離が犠牲になっていないどころか、今回のジャークベイトの中で飛距離が一番でした。

水押しも強くて、ダートもスゴい。

強さのジャークベイトだと思いました。

レベルミノー:レイドジャパン

レベルミノーの能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★★★
  • 水押し・・・・・・・★★★☆☆
  • ダート幅・・・・・・★★★☆☆
  • 操作感・・・・・・・★★★★★
  • エビ・・・・・・・・★★☆☆☆

風を切り裂くように、レベルミノーが飛んでいく。

重心移動システムと細身のボディの相性が抜群。

ジャークの時の抵抗が少ないので、腕が疲れにくい。

ワールドミノー:シマノ

ワールドミノーの能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★★☆
  • 水押し・・・・・・・★★★☆☆
  • ダート幅・・・・・・★★☆☆☆
  • 操作感・・・・・・・★★★★☆
  • エビ・・・・・・・・★★☆☆☆

フラッシュブーストと言われる、中の反射板がステイ中でもバスを誘ってくれるのはワールドミノーにしかない機能。

使っていて特別使いやすい感覚はなかったが、着水と同時にジャークしても反応してくれるのはAR-Cシステムのおかげなんだろうな。

ステイ中でもバスを誘えるので、低活性時に効きそうな予感。

HUミノー:ハイドアップ

HUミノーの能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★★★
  • 水押し・・・・・・・★★★★☆
  • ダート幅・・・・・・★★★☆☆
  • 操作感・・・・・・・★★★☆☆
  • エビ・・・・・・・・★★☆☆☆

程よく水押しが強くジャークしやすいミノー。

無難なジャークベイトも多い中、こいつ無難なジャークベイトだが、使いやすさが突出していると感じました。

残念ながら使っている人はほとんど見かけませんが、ジャークベイトやるなら使ってほしいかな。

RVミノー:ジャッカル

RVミノーの能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★★★
  • 水押し・・・・・・・★★★☆☆
  • ダート幅・・・・・・★★★☆☆
  • 操作感・・・・・・・★★★☆☆
  • エビ・・・・・・・・★★☆☆☆

特に突出した機能があるわけではないけど、普通に使えるジャークベイト。

特別凄いこともないけど、苦手なこともないので特に言うことはないっす。

ワンテンR:メガバス

ワンテンRの能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★★☆
  • 水押し・・・・・・・★★☆☆☆
  • ダート幅・・・・・・★★☆☆☆
  • 操作感・・・・・・・★★★☆☆
  • エビ・・・・・・・・★☆☆☆☆

ジャークベイトの教科書のようなルアー。

ジャークをしてもイレギュラーなアクションにはならずに、左右にきれいにダートします。

アングラーは予想しないアクションはしにくいため、狙ったポイントを確実に通したいときにおすすめ。

イレギュラーアクションが少ないため、トラブルが少なくストレスが溜まらない。

ワンテンR+1:メガバス

ワンテンR+1の能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★★☆
  • 水押し・・・・・・・★★★☆☆
  • ダート幅・・・・・・★★★☆☆
  • 操作感・・・・・・・★★★★☆
  • エビ・・・・・・・・★☆☆☆☆

ワンテンRと同様に非常に安定した能力を持つジャークベイト。

ワンテンRはシリーズになっているので、ワンテンR+3ともなれば水深4.0mまでジャークで攻略することができる。

システムクランクのようなミノーになっています。

エリー95SD:ニシネルアーワークス

エリー95SDの能力
  • 飛距離・・・・・・・★★★★☆
  • 水押し・・・・・・・★★☆☆☆
  • ダート幅・・・・・・★★★★☆
  • 操作感・・・・・・・★★★★★
  • エビ・・・・・・・・★★☆☆☆

流行りに乗って購入してみたルアー。

使って見てびっくりしました。一言で素晴らしいミノーです。

めちゃくちゃ使いやすい。

扁平なボディがダートの幅を生んでいるのか、軽い力でダートします。

そのため、他のジャークベイトで必要な力よりも少ない力で済むため疲れにくいです。

見た目とは違い、結構ガチャガチャしていたのでどういう感じか想像できなったのですがおとなしそうな見た目とは逆に動きはしっかり目。

このジャークベイトはさらに流行りそうな予感がします。

ジャークベイトまとめ

色々試しましたが、それも優秀なものが多いですね。

ほんと、あとは好みですとしか言えませんが、個人的にはレベルミノーがよかった。

風を切り裂くような感覚と、抵抗が少ないのにジャークしてる感じがしっかり分かる。

抵抗が少ないとジャークしてる感じが分からなくなるものも多い中、これからの定番になっていく気がしました。

ちょっとサイズ的に大きいのがアングラーが躊躇しそうな理由でもありますね。

 

ここで紹介したジャークベイト以外にもたくさん試しているので、また追加していけたらと思います。

では✋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です