【ノリーズ】ノリーズのサンカクティーサンが最高!!サンカクティーサンはカバーにベストマッチ!

まず最初に言わせてください。

マッキー
サンカクティーサンは最高です!!

ってこと。

 

今年、サンカクティーサンで何本のバスを釣っただろうっていうくらい釣りました。

他のワームでは出せない独特のアクションがバスに効果絶大でした。

サンカクティーサンを使いまくって分かった、狙うべき場所と使い方を「BASS LIFE」を見ている方だけに教えちゃいます!!

よかったら見ていってください。

サンカクティーサンとは

サンカクティーサンはノリーズから発売されているワームで、アメリカでも大活躍中の伊藤巧プロがプロデュースしたネコリグ用のワームです。

ただのネコリグではなく、オフセットフックでの使用を前提としたのがサンカクティーサン。

従来のワームであれば、ネコリグをカバーで使いたいときは専用のフックとちょっとしたセッティングの技術が必要でしたが、サンカクティーサンを使えばオフセットフックを使うだけでカバーに対応できます。

サンカクティーサンのフックセッティング

サンカクティーサンで推奨されているのが1/0のオフセットフックを使用した方法。

僕の場合、通常はリューギのダブルエッジ1/0を使います。

基本はダブルエッジで十分ですが、カバーが濃くパワーが必要でラインやロッドのパワーを上げたときは軸がもう少し強い、ハヤブサのD・A・S OFFSET BAIT FINESSEを使います。

ダブルエッジとD・A・S OFFSET BAIT FINESSEを使う理由として、サンカクティーサンを使うときはカバーを中心に釣っていくのでナローゲイプのほうがワイドゲイプよりも、カバーのすり抜けが良くなるためです。

 

1/0のフックを使うと本体までフックが届かないので、サンカクティーサンが身切れしてしまうことがあります。

僕も、もちろん1/0のオフセットフックで使用することが多いのですが、簡単に身切れして水中にワームを残すのは環境にもよくないしストレスも溜まりますよね。

そこで、そういう時には2/0サイズのフックを使いワーム本体からフックポイントを出すことで、多少身切れしにくいセッティングになります。

若干ですが、アクションに硬さが出ますがカバーで使うのでそこまで気にならないと思いますが本来のアクションを大切にしたいのなら1/0にしたほうがいいです。

サンカクティーサンに最適なシンカーウエイト

サンカクティーサンはーに埋め込むネイルシンカーの重さに注意です!

サンカクティーサンは、ネイルシンカーの重さでヘッドが下に行きたがる力と水とワームの浮力で浮き上がりたい力がぶつかり合って複雑なアクションを出しています。

本来のサンカクティーサンの力を出すには軽い重さのネイルシンカーではダメで、3.5グラム以上の重さのネイルシンカーが適正です。

ネイルシンカーは、基本のベースを3.5グラムとして、カバーが濃いポイントは5グラムを使います。

僕の場合、5グラムから始めることも多いです。

ただ、5グラムのネイルシンカーがなくなった場合には環境にもお財布にも大ダメージ。

慎重に扱いましょう!

サンカクティーサンとサンカクコティーサン

サンカクティーサン(下)とサンカクコティーサン(上)の違いはこんな感じ☟

サンカクティーサン サンカクコティーサン
サイズ 5インチ 4インチ
内容量 7個入り 9個入り
価格 700円 700円
見た目 突起あり 突起なし

ここで注目してほしいのが、突起があるかないか。

正直、サンカクティーサンは、サンカクティーサンにしか出せない複雑なアクションがめちゃめちゃ好きです。

対して、最近発売されたばかりのサンカクコティーサン。

こいつがダメだ。。。

テール部分の突起をなくしたことで、サンカクティーサンのダウンサイジング版になったわけじゃなくアクションまで変わってしまってます。

サンカクティーサンに比べれば、サンカクコティーサンを使っている回数は1/10以下。

それにしても好きになれない。

弱くなった水押しとなくなった突起。

まだ使いこんでいるとは言えないので、分かっていないだけかもしれないのでサンカクコティーサンに関しては引き続き使ってみます。

サンカクティーサンにおすすめのタックル

サンカクティーサンにおすすめのロッド

サンカクティーサンは、パワーフィネス用のロッドがおすすめ。

僕が好んで使っているのは、ディスタイルのブルートレックのDBTS-66Mです。

サンカクティーサンには重めのシンカーと強めのフックを使うので、操作性もありパワーもあるロッドが必須です。

【ディスタイル】パワーフィネスに最適なディスタイルのDBTS-66Mを購入しました!

サンカクティーサンにおすすめのリール

基本的には僕の場合、パワーフィネスでの使用が前提なのでハイギアのスピニングリールを使います。

ハイギアなのはフッキングしてカバーから引き離すことを速くするため。

番手は2000番台です。使いやすいから。

そして、パワーフィネスは疲れるので軽いリールがおすすめ。

最近発売した、ヴァンフォードなんかいいですね。

僕もC2000SHG購入しましたが、まだ使い込めてないです。

サンカクティーサンまとめ

サンカクティーサンは今まで使ってきたカバー用のネコリグワームの中でもダントツに使いやすくて釣れるワームです。

オフセットフックでの使用と複雑なアクションは使いやすさとセッティングのしやすさを兼ね備えている、良いデザイン。

僕はこれからもサンカクティーサンを使い続けることでしょう(笑)

FECO製品があれば最高なんですけどね。

最後に、サンカクティーサンよりサンカクティーサンですよ。

小さいほうが釣れそうだからって、コティーサン選ばないでくださいね。

台風後のリザーバー攻略!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です