【大会】房総クランカーズ優勝しました!オリジナルクランクでキッカーGETだぜ!!

僕のもっとも好きな釣り。

それは、クランキングスタイル!

RTOを使って真冬のフィールドで勝利を勝ち取った、大先輩大森貴洋氏(バイト先が同じであるが会ったことはない)のように衝撃的な勝ち方を夢見ています!

 

今回はメガネバスさんが主催の「房総クランカーズ」というクランクバイト縛りの大会に参加することにしました。

クランクバイトが大好きな僕は、開催する前から参加しますとフライングしまくり。

というわけで詳細をまとめました!

房総クランカーズは片倉ダムの笹川ボートで開催

房総クランカーズは、片倉ダム(笹川湖)にて開催されました。

片倉ダム(笹川湖)は超人気フィールドである、亀山湖の上流に位置する湖です。

たくさんの立木があり、アメリカチックな景色も楽しむことができるので気持ちは釣れる気マンマンになります。

そして、僕の記憶では笹川ボートさんを利用したのは初めてでしたが、この笹川ボートさんの対応がマジで神!!

荷物をカートに積んで坂を下ろしたり上げたりするのですが、ボート屋さん自らやってくれます。

もちろん自分でやってもいいのですが、進んで手伝ってくれので、片付けの時は非常に助かります。

また行きたいと思わせてくれるボート屋さんなので、片倉ダム(笹川湖)で釣りをするときにはぜひ!

当日の釣行ルート

片倉ダムには、おそらく2.3回程度しか行ったことがなかったのですが、シャローが少なく非常に急深なイメージ。

プランとしては全体を周ってみて把握するしかない。。。

とりあえず、ワンドのようなエリアを探したり魚探でベイトフィッシュを探してみたりしましたが、魚の気配がない。

「釣れる気しねぇー!」

て感じです。

一応、ワンドの奥に30センチくらいのバスがシャローにいたので大きなバスはディープに落ちる必要はないと判断。

最近お気に入りのキングコングシャッドでチェックしていきます。

もちろん釣れるわけもなく、今度はタイニーワイルドピーナッツを投げる!

小さいのでもいいから釣りたい気持ちが出ちゃってますね(-_-;)

もう、分からないなら分からないなりにやるしかないと言うことでボート屋さん前のエリアを選択。

大会などでのリリースフィッシュやシャローエリア、ウィード、道路跡などがあることから魚影が濃いと推測しました。

オーバーハングが多く、クランクベイトのリアクションでの効果が期待できないのでフラットサイドクランクを巻くことにしました。

選んだルアーはハンドメイドで作成した「スピノフラット」。

このルアーは相模湖でも実績があり、信頼しているフラットサイドクランクです。

こいつをオーバーハングの奥へ丁寧に送り込んであげると、来ました!

待望のバイト!!

リアフック一本だったので、「バレるなよー」と祈りながらなんとかキャッチ。

ナイスサイズの45アップ✨

そのまま巻き続けましたがバイトがなく、せっかくいいサイズを釣ってもリミットを揃えないと意味がないので、サイズ問わず釣る作戦に変更。

(本当はデカイの二本で揃えたかった、、、。)

次に選んだのは、「コンピークランク」

通称コンピーです。

 

これもハンドメイドで作成したクランクで、小粒なのに水押しの強さが特徴です。

バルサの特性を生かして浮力がかなり高いので、ゆっくり巻いてウィードを上っ面や沈んだ木の上っ面を巻いてくると「ガツン」。

バイトはさっき釣ったバスよりもしっかりしたバイト。

がっつり口の中に入っていたので、安心しながらキャッチしました。

その後はサイズアップを狙いながら巻き続けましたが、「無」でした。。

小さいのが悔やまれるなぁと思いながら、表彰式を聞いているとまさかの優勝!

ビッグフィッシュ賞も獲得!!

めちゃめちゃ嬉しかったです(*’▽’)

 

房総ロコたちに勝つためにはどうしたらいいのか考えたり、クランクベイト好きが集まったりで最高の大会になりました。

あと嬉しかったのが、持ち込んだクランクを見て「C1クランクだ!」と言っていただいたこと。

結構知らない人もいる中、クランク好きの人たちは一発で分かるんだと嬉しくなりました!!

賞品は、みんなで持ち寄ったクランクベイトとフルーツを山盛り🍈

週末のメロンが楽しみだ!

クランクベイトの基準
  • フラットサイド=カバー以外
  • ラウンドライブ=カバー周り

簡単ですが、僕の基準です!!

タックルデータ

【スピノフラット用】

ロッド:HB630L(ノリーズ)

リール:アルデバランMg7(シマノ)

ライン:X-TEX COBRA 12lbs

【コンピー用】

ロッド:リンクス 64CMLJ(ティムコ)

リール:アルデバランBFS(シマノ)

ライン:FCスナイパーBMS AZAYAKA(サンライン)

フック:瞬貫トレブルラウンドレギュラー #8

まとめ

今回、「房総クランカーズ」という大会に参加させていただいて更にクランックベイトが好きになりました。

自分で釣りに行くときは、勉強のために一日縛りでやると決めても一匹が釣りたくなってワームやライトリグなどに頼りがちになってしまいます。

大会であればどんなに使いたくても、ボートにすら積めないわけで一日そのルアーをやりきると確実にそのルアーへの認識が上がるので成長できます。

次回の予定は立っていないようですが、次があればぜひ参加させていただきたいです!

メガネバスさん、参加者の皆さんお疲れ様でした。

よかったら、Twitterのフォローもお願いします。

さらに、 「DINOSAUR DESIGN」もよろしくお願いします!

created by Rinker
ノリーズ(Nories)
¥45,815 (2020/11/28 20:49:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥990 (2020/11/28 20:49:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

2019年 チャプター東京 第6戦 相模湖

 

2 件のコメント

  • はじめまして‼️
    無茶苦茶参考になりました‼️初めての笹川で先週バイト1の鬼デコくらました
    その中でクランクで仕留めるのは容易では無いですよね( ^ω^ )

    通っているフィールドが同じなので今後も秋冬の釣り方参考にさせて頂きます。

    寒くなり渋いとは思いますが釣果お待ちしております( ^ω^ )

    • 初めまして。
      ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))
      僕はまだまだ下手くそなので、参考になるかは分かりませんが暇つぶしにでも見ていただけたら幸いです!
      釣り場で見かけたら声掛けて下さいね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です