【相模湖】ビッグバスを釣りたくてデカイワームを使ったら50アップが釣れたっていう話。

こんにちは。

前回に引き続きまたやってしまいました。

50アップを筆頭に40アップも二本。今年は運がいいなぁ。

また、釣り方や周ったエリアなどまとめていますので、よかったら見てください。

今日の目標

この時期というか、相模湖ではハイシーズンは基本的にはこの目標にしていく予定です。

大きいのが一本混じって達成できるかなっていう目標にしております。

ではいってみましょう!!

釣行ルート・ポイント

小川亭対岸

最初に向かったのはボート屋さんから対岸にあるエリア。

シャローが少しだけあっていい感じになってます。

わざわざ行くほどではないけど、通ったらとりあえずキャストするかなって感じ。

新しく購入したドライブSSギルのアクションはいい感じ。「これで釣りたいなぁ」とか思いながらキャスト。

なんか引っかかったかなと思ったら、バスでした。。。

ちっさ。小さすぎるので重さは量らないでリリースします。

移動。

ねん坂

最近お気に入りのねん坂。

ダメな時もあるけど、良い時もある。僕的にはムラのあるエリアですが、最近はまあまあいい感じです。

要所要所を軽く流していってカバーにトルキーストレート4.8(スカッパノン)のネコリグをキャストして、まずは一匹。

470g

そのあとは微妙なので早めの判断で移動。

青田ワンド

青田ワンドに向かう途中(入り口付近)で一本追加しましたが小さい。

320g

勝瀬橋

勝瀬橋付近には見えバスがいましたが、食わせることができませんでした。

同じところに戻ってくるので、どうにかすれば釣れるかもしれませんがあまり大きくなかったので移動。

吉野ワンド

相模湖で一番人気ともいえる吉野ワンドは見えバスがたくさん。

最奥では、40アップのスクールもいましたが真ん中を泳いでいてルアーを投げても無視。

自分には無理なので、岸を見ながら探していくと所々にバスの姿を確認しました。

ただ釣れない。。。

前回同様、岸ぎりぎりにキャストしないと反応してくれないっす。

なので、岸ぎりぎりにキャストしてなんとか一匹追加しましたー。

420g

これでここまでのウエイトはTotal 470+320+420=1210g

全然目標に届かない。

見えてるデカイバスは食ってくれないし、どうするか。

こうなったら、大場所を人より丁寧にやるしかない。

上流も水が悪そうだし本湖へ戻ることにしました。

国道下

国道下は柴田ボート付近にある、相模湖にしてはシャローエリアっぽいところ。

そのエリアにあるカバーを打ちながら、巻いていく作戦。

するとすぐに答えが帰ってきました。

トルキーストレート4.8(ブラックブルーフレーク)のネコリグをカバーに何度か入れ直すと、「スーっ」とラインが走ってる。

フッキングしてあがってきたバスは1180g42cmのナイスバス。

長かったー(-_-;)

やっときた一匹はめちゃめちゃ嬉しいです!

その流れでストレッチをフラチャット14gで流していくと一巻き目でバイト!!

ネットインする寸前でチャターが外れたけど、ギリギリキャッチ。

キロアップ寸止めの990g40cmでした。

そのままフラチャット14gで流すもノーバイト。

時間的にも余裕がないので最後に青田ワンドへ。

青田ワンド

今度の事件は青田ワンドで起きました。

午前中に入りたかったけど、人が多くて断念したポイントへ。

時々、使用するビッグワームのドライブクローラー9のネコリグをスタンバイさせます。

ポイントへ到着してドライブクローラー9をキャスト。

アクションさせながらバスを誘います。ノーバイト。

そんなはずはないと思い、もう一度キャストし丁寧に誘ってみると「コンッ!」

きた!!

思いっきりフッキングし出てきたのはビッグバス!

1830g51cmのビッグちゃん。

狙ってはいたけど、まさか本当にくるとは思わなかった。。

以前も青田ではカブラタで50近いのを釣っているので、大きめのワームが効くときがありそうですね。

使用タックル

50アップ捕獲タックル

ロッド:LINKS 64CMLJ(フェンウィック)

リール:12’アルデバランBFS(シマノ)

ライン:バニッシュレボリューション 10lb(バークレイ)

ルアー:ドライブクローラー9(OSP)

フック:タリズマン1/0(リューギ)

ロッドに関してはもう少しパワーのあるロッドのほうが、大きなワームはキャストしやすいですが、操作性とワームサイズをダウンさせる可能性があったためLINKS 64CMLJを使用しました。

リールは、シマノ、ダイワ、アブとベイトフィネスリールを使用した結果、今はシマノのアルデバランBFSになりました。

フックは岩盤攻略をメインに考えていたのと、大きなワームなので針先を出して使用することでしっかりとフッキングをすることが目的です。

パワーフィネスタックル

ロッド:ブルートレック DBTS-66M(ディスタイル)

リール:コンプレックスCI4+ C2500S F4 HG

ライン:R18 完全シーバス 1.5号(クレハ シーガー)

ルアー:トルキーストレート5.8(ディスタイル)

フック:NSSフック1/0(ハヤブサ)

いつものパワーフィネスタックルがこちら。

パワーフィネスが好きで色々なロッドを使いましたが、今はブルートレック DBTS-66Mに落ち着いております。

リールはカバーから出すことが早い、ハイギアのコンプレックスCI4+ C2500S F4 HGを使用。

ラインはR18 完全シーバス 1.5号ですが、ガイドに緑のコーティングが落ちるので汚れが気になる人はお勧めできません。リーダーにはフロロ12lbから16lbを使います。

フックはNSSフックを使用しますが、バイトが乗らない時などはスーペリオCNフックを使用します。

使用ルアー

トルキーストレート

こいつはもう万能。ネコリグで使うとしっかりとテールが動いてくれるところが気に入ってます。

カバーだろうがオープンウォーターだろうが、どこでも使える素敵なやつ。

フラチャット

フラチャットはチドらないようにブレードの動く幅を抑えてあるのが使いやすい。

ストラクチャーに当てたいときにチドるとコントロールが難しいけどフラチャットなら問題なし。

これからは風が吹いたらチャターベイトだ!

ドライブクローラー

ビッグワームは時として半端ない爆発力があると思っている。

ドライブクローラーは比較的柔らかめのマテリアルでしっかりとアクションしてバスをおびき寄せる。

釣れると壊れてしまうことが多いが、それでもいいと思わせてくれる釣果があります。

まとめ

今日の収穫
  • 水が濁っていても良い濁りと悪い濁りがある
  • チャターは水がクリアなエリアでも釣れる
  • 大場所にはビッグバス
  • あきらめない

以上。

今日はこんな感じでございます。

パワーフィネスで相模湖の50upを捕獲!二人で乗ると答え合わせが早い話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です