オールソリッドのスピニングロッド!!DSCS-510UL-ASが最高!

デュナミス&オールソリッド


出典:DAIWA

「デュナミス」とはジャクソンから発売されているバス釣りロッドシリーズのことで、フラッグシップモデルのロッドにあたります。

通常のロッドはカーボンシートを巻いて作るためロッドに空洞ができ、感度UPに繋がっていますが、ソリッドは中身が詰まっていることを言い、ソリッドティップはよくありますが、オールソリッドとなるとなかなかないんですよね。

ソリッドティップは扱いやすく、ロッドも軽いので使いやすいのですが、オールソリッドと比べるとパワーが劣るんですよね。

単純にパワーと言っても、力強さと言う意味ではなく粘ると言うことです。

ソリッドはもとに戻ろうとする力が強いので、バスとのファイト中にバスが勝手に疲れてくれると言った印象です。

DSCS-510UL-ASの重量

オールソリッドロッドはチューブラーの同じ長さの竿に比べると、自重が重いのではと考える方もいるかと思いますが、ソリッドの分、ブランクスがかなり細く設計されていてロッド自体の長さも短くなっている分、持ち重り感はありません。

自重も100グラム前後とチューブラーロッドと差はありません。

DSCS-510UL-ASの性能


出典:ジャクソン

竿の曲がり方もティップからバッドにかけて、きれいな弧を描き、竿先から自然に曲がっていくので食い込みがよく、バイトもはじかれにくいです。

また竿にウエイトを乗せやすいので、キャストもしやすく、飛距離も出ます。

魚を掛けてからも、オールソリッド特有の粘り強さがあり、パワー負けせずに、細いラインでもラインブレイクしにくいのが特徴です。

DSCS-510UL-ASで使用したいライン

出典:サンライン

DSCS-510UL-ASでおすすめのラインは、サンラインから発売されている「FC スナイパー BMS AZAYAKA」です

感度が高いと言ってもチューブラーロッドと比べると若干劣るので、それを補うために、ラインが重要になります。

「FC スナイパー BMS AZAYAKA」は目で当たりが分かるため、手元に感じない当たりをとることができるのでおすすめのフロロラインです。

まとめ

出典:サンライン

オールソリッドのロッドは色々なメーカーを見てもあまりないロッドですので触ってみる機会は少ないと思いますが、ロッドの繊細さとパワフルさに驚きます。

バスとのファイトもロッドに任せておけば、バスが勝手に疲れてランディングまで持ち込むことも可能なほど粘り強くトルクフルなロッドです。

機会があれば是非、使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です