【コンプレックス XR】インプレ。買わない理由がない!!

遅くなりましたが、『コンプレックス XR』のインプレです。

このリールの特徴は軽さですか?

ロングストロークスプールですか?

否!!

僕が求めたのは、ハイレスポンスドラグです。

ハイレスポンスドラグは【C2000F4タイプ】のみ採用されている機能です。

この機能が欲しくて、コンプレックス XRを購入しました!

コンプレックス XRの特徴

コンプレックス XRの特徴として、15項目あります。

それと【C2000F4タイプ】にだけ搭載されているのが、ハイレスポンスドラグ

  1. HAGANEギア
  2. マイクロモジュールギアⅡ
  3. Xシップ
  4. サイレントドライブ
  5. マグナムライトローター
  6. Xプロテクト
  7. AR-C スプール
  8. ロングストロークスプール
  9. フリーボディ
  10. CI4+
  11. リジッドサポートドラグ
  12. ラピッドファイアドラグ(2500F6、2500F6 HGのみ)
  13. ハイレスポンスドラグ(C2000 F4タイプに採用)
  14. S A-RB
  15. ワンピースベール
  16. 海水OK

コンプレックスには上記15個の特徴があります。(赤文字はモデルによる)

今回、購入したコンプレックスXR C2000F4には「ハイレスポンスドラグ」が搭載されています。

従来のドラグは粘りがあるほうが良いドラグとされていました。

しかし、ハイレスポンスドラグは力が加わった瞬間すぐにドラグが機能する。そんなイメージです。

バスを取り込むとき、急に走ってラインブレイクしたなんて経験ありませんか?

そんな状況に対応できるドラグシステムがハイレスポンスドラグです。

各特長の詳細はシマノのHPで見たほうがいいかと思いますので、リンク貼っておきます。

SHIMANOホームページ

コンプレックス XRのスペック

品番 ギア比 実用ドラグ力(Kg) 最大ドラグ力(Kg) 自重(g) スプール 径(mm)/ストローク(mm) 糸巻量ナイロン(lb-m) 糸巻量フロロ(lb-m) 糸巻量PE(号-m) 最大巻上長(cm/ハンドル1回転) ハンドル長さ(mm) ベアリング数BB/ローラ― 本体価格(円)
C2000 F4 5.1 2 3 155 43/13.5 4-110,5-90,6-70 3-130,4-100,5-80 0.6-180,0.8-110,1-90 69 45 9/1 34,300円
C2000 F4 HG 6.1 2 3 155 43/13.5 4-110,5-90,6-70 3-130,4-100,5-80 0.6-180,0.8-110,1-90 82 45 9/1 34,300円
2500 F6 5.3 2.5 4 175 47/17 5-130,6-110,8-80 5-130,6-100,8-75 0.8-200,1-150,1.2-100 78 50 9/1 35,300円
2500 F6 HG 6 2.5 4 175 47/17 5-130,6-110,8-80 5-130,6-100,8-75 0.8-200,1-150,1.2-100 89 55 9/1 35,300円

SHIMANOホームページからスペックを抜粋しました。

ハンドルタイプとか諸々気になる方はホームページへどうぞ。

今回、僕が購入したのが太文字になっている『コンプレックスXR C2000F4』

パワーフィネスなど素早い手返しが必要な釣りにはHGを選ぶといいと思います。

本当はHGを購入しようと思ったのですが、間違えて通常モデルを買ったのは内緒です。

(後日HGモデルも購入しました)

2500の方が一回転でたくさんラインを巻き取れるから、パワーフィネスに向いてるんじゃないの?とか思われそうですが、僕の場合は軽さが優先です。

一日釣りをしていると、この数十グラムが腕にダメージを蓄積してきます。

なるべくなら、このダメージを回避したいって気持ちがあるので軽さを重視します。

軽くても十分強いですし、剛性が足りなくて、、、なんてことになったこともありません。

コンプレックス XRの使い心地

コンプレックス XRの使い心地は歴代のコンプレックス同様かなり良いです。

僕は、歴代のコンプレックスを使用してきていますがどれもいい。

人によっては、何年のコンプレックスが良いとかダメとかありますがトータルしてどれもいいです。

重量も軽く、見た目もカッコイイ『コンプレックス XR』。

今までのコンプレックスと何が違うのか。

決定的に違うのは『ハイレスポンスドラグ』が搭載されているということ。

この新たな特徴がどのようにバスに対して有効で、どのくらいバスフィッシャーマンを助けてくれるのかが気になります。

結論から言うと、分からない!!

まだ、40センチくらいのバスまでしか掛けていないので分かりませんでした。

でも、一度も切られていないので恩恵はあるのかな。

とてつもないパワーのバスが凄い勢いで潜ったりしたときに、よりハイレスポンスドラグの凄さが分かるのかな。

とにかくまだ使い込みが足らないようなので、引き続き使いこんでいこうと思います。

※ デザインで切り込みしている//の部分が結構鋭利なので汚れを持ってきてしまうのが悩みです。

コンプレックス XRのまとめ

とにかく良いリールであることは間違いない!!

実際、ネットで買おうとすると27000円前後なので買うべし。

スピニングリールは細いラインを使うことが多いので、ドラグ性能は高いほうが良いです。

ドラグの性能は、リールの価格が高くなればなるほど良くなることが基本。

かといって、ステラじゃ高すぎるんですよね。

コンプレックスXRは価格と性能、どちらも良いところに落ち着いていると思います。

何か発見があればまた報告します!

では✋

【超簡単】ベイトリールのメンテナンス方法!!11枚の画像付き!

シマノ新作スピニングリールのヴァンフォードが気になるので、調べてみましたよっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です