【ディスタイル】DBTS-65L+を購入して使ったら、バーサタイルすぎた件。

ディスタイルから発売されているブルートレックシリーズの「DBTS-65L+」を使い始めてからしばらくたつので、インプレです。

この番手から見ると、LでもないしMでもない。

使い勝手が難しそうだなぁと思ってる方も多いのではないでしょうか?

僕の結論はこうです!!

なんにでも使えるから一本持っておいた方がいい。

特におかっぱりだとロッドの本数が制限されるので、「DBTS-65L+」はかなりお重宝すると思いますよ。

ブルートレックDBTS-65L+のデザイン

ブルートレックのデザインがカッコいいのはもちろん分かっていたことですが、使いこんで気づいたことがあります。

デザインはカッコよさを求めたものではなく、機能性からくるデザインなのではないかと言うこと。

軽量化のためのリールシート。

握りやすいコルクグリップ。

投げやすさの追求したセパレートグリップなど。

デザインは何のためのデザインなのか?

釣りおいては、操作性だったり投げやすさだったりですよね。

それらが合理的に適っているデザインだと思います。

ブルートレックDBTS-65L+の重さ

ブルートレックDBTS-65L+の重さは、82グラム

おそらくリールと一緒に合わせても、300グラムにならないと思います。

この軽さこそが、ライトリグを一日中やっても集中力を保つことができるベースになるのかなと。

疲れないってことは、結構重要でダルさがあったり重たかったりするとそれだけで嫌になりますもんね。

ブルートレックDBTS-65L+のスペック

製品名 長さ 適正ルアーウェイト 適正ライン アクション 重さ 価格 ガイド数
DBTS-65L+ 6.5ft(約1.95m) 1/32oz~1/4oz(0.9g~7.0g) 3lb~8lb ファーストテーパー 82g 30800(税込) 9

スペック表を見ると、適正ルアーウエイトは1/32oz~となっていますが、個人的におすすめなのは1.3g~3.5gくらいまでのジグヘッドワッキー。

ジグヘッドのフックはマス針よりも太いものがほとんどなので、柔らなすぎるロッドを使うとフッキングがしっかり決まらないこともしばしばあります。

その点、「DBTS-65L+」なら心配なし。

ライトリグ向けのロッドとしてはパワーがあるので、「ビシッ」とフッキングが決まります。

操作性も高いのにパワーもあるんです。

適正ラインは3lb~8lbまでと幅広いですが、僕は3lbから4.5lbをよく使います。

ワームを使うときは3lb、シャッドやスモラバを使うときは4.5lbの時が多いですね。

ブルートレックDBTS-65L+のインプレ

箇条書きで書きます(笑)

ブルートレックDBTS-65L+のインプレ
  1. ちょうどよい硬さ
  2. 操作感を残した絶妙な長さ
  3. 見た目がカッコいい
  4. 適切な価格
  5. 無限の可能性

硬すぎず柔らかすぎない、絶妙なロッドパワーは一度体験してみる価値ありです。

最新のロングロッド事情がどんなものか分かりませんが、7ftくらいのロッドになるとパワーが「L」の記載があっても、ダルンダルンなロッドもいくつか見てきました。長すぎてもダメだし、短すぎても飛距離が出ないので、バーサタイルロッドとしては絶妙だと思います。

見た目は、ブルートレック共通ですが個人的に好みです。嫌いな人もいるかもしれないけど。。。

特にリールシートがおしゃれだなぁと思ってます。

そして、価格。

ちょうどいいんじゃないでしょうか?大体3万くらい。

ブルートレックは割引で売っているとこはあまりないので、ほぼ定価で購入しなきゃいけないことが残念な点ですが。

それはお店側の問題なので、設定金額としてはコスパがいいかと思います。

無限の可能性(笑)

これは、ディスタイルのホームページに書いてありました。

BLUE TREKには無限の可能性が秘められています。
未知なるフィールド、未知なる釣り方。臆することなくキャストして、無限の可能性を感じてください。それこそがバスフィッシングの最大の魅力です。

だそうです。

日本トップのバスプロである青木さんが作っているのだから間違いない!!と僕は思いますよ。

実際、今はブルートレックを3本持ってますが全部良いんです。

DBTS-65L+のまとめ

世の中では、ULとかUULとかXULとか流行ってますが、個人的にはちょっと硬め(ハリのある)が好きです。

「ビシッ」とフッキングできるから。

そこは、この「DBTS-65L+」がバッチリかなと思います。

ミドストと軽めのノーシンカーとか、バスのバイトが浅い時とかは弾いちゃうかもしれませんが、そこはその環境に対応したロッドを使えばいいだけで。

「ビシッ」と掛けて、しっかり獲れる!

そんなロッドが「DBTS-65L+」なんじゃないかなぁ。

僕ならボートではもちろん、おかっぱりで一本持っていくなら絶対「DBTS-65L+」ですね。

次のブルートレックシリーズは「DBTS-60UL-S」を書く予定です(笑)

created by Rinker
ディスタイル(DSTYLE)
¥30,800 (2021/08/02 14:06:32時点 Amazon調べ-詳細)

【ディスタイル】パワーフィネスに最適なディスタイルのDBTS-66Mを購入しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です