超釣れる!!おすすめワームランキング(ピンテールワーム編)

使っても使わなくてもワームを購入してしまう僕が今までに使用して良かったおすすめワームをジャンル別にランキング形式で紹介します。

ワームはバス釣りで使用するものです。
発売中、廃盤品を全て混ぜたランキングです。
個人的な主観のランキングになります。
ジャンル分けが難しいものがあるのでご了承ください。

かなりのボリュームなのでゆっくりじっくり見ることのできるときに見るのがおすすめです。

こんのもあったなーとか、これはいまいちだったとか言いながらみてくだちぃ。

目次

おすすめワームランキング

ベイトフィッシュをイメージ!「ピンテールワーム」

ピンテールワーム【1位】 スティーズソルティースラッガー/DAIWA(ダイワ)

出典:DAIWA

「スティーズソルティースラッガー」はソルティーと言っているので沈むタイプなのかなと思いますが、実は水に浮きます。ダウンショットで使用したときに水の中で浮き姿勢を保つことができるのでそれがバスに対してナチュラルな見せ方をできているのは間違いないです。

ダウンショットでワームがケツ下がりになってしまうとバスが嫌がることがあるので、そのときには是非使ってみてください。

ピンテールワーム【2位】 ヴィローラ/DSTYLE(ディスタイル)

出典:DSTYLE

「ヴィローラ」の特徴は中空ボディとテールの肉厚だと思っています。ただテールの形をしているだけではなくテールの付け根から先端にいくほどに太くなることでよりロッドアクションを伝えてくれています。個人的には目がついていることも気持ちの上でとても大切で、目を確認してバスが捕食していると思っているので重要な役割を果たしています。

ジグヘッドのミドストで使うのがおすすめです。

ピンテールワーム【3位】 アライブシャッド/矢口釣具店

出典:AMAZON

「アライブシャッド」はバスプロでもあり伝説のルアービルダーでもある泉和摩氏が『3秒』で思いついたというワーム。適当じゃんと思いますか。思いますよね。でも、圧倒的に釣れちゃうんです。なんせ発祥は津久井湖ですから。

よく言われたものです。アライブシャッドをスプリットショットで使え!!と。

というわけで、おすすめの使い方はスプリットショットです。

ピンテールワーム【4位】 マイラーミノー/O.S.P(オーエスピー)

Mylarminnow出典:O.S.P

FECOじゃないのが悔やまれるのが「マイラーミノー」です。使い方はヴィローラと同じようにミドストで使うことがおすすめです。

マイラーと呼ばれる金属繊維がワームボディの中に入っていることが特徴で、このおかげでフラッシング性能とワームとフックのズレ予防の役目を担っています。

他のワームにはないフラッシングがバスにとっても効果的です。

ピンテールワーム【5位】 シャッドシェイプワーム/ゲーリーヤマモト

出典:ゲーリーヤマモト

ティムコがデザインしたゲーリーヤマモトの「シャッドシェイプワーム」。元祖ミドストワームとしてよく使われていました。

かなり薄いボディは扁平でミドストで使うとロールしやすく設計されています!

ミドストを苦手としているアングラーはまず、シャッドシェイプワームで練習すると上手くなれると思いますよ。

ピンテールワーム【6位】 アングリースティック/ゲーリーヤマモト

出典:ゲーリーヤマモト

シャッドシェイプワームよりもボリュームを持たせた感じの「アングリースティック」

シャッドシェイプワームと比べると、ピンテールをより際立たせてボディにボリュームを持たせることで、飛距離の向上とより繊細に動くテール。

より扱いやすくなったシャッドシェイプワームって感じですね。

だけど、ミドストに関しては少しやりにくくなった気がしないでもないです。

ノーシンカーとかダウンショットで使うのがおススメです。

ピンテールワーム【7位】 ドライブスティック/O.S.P(オーエスピー)

DoliveStick出典:O.S.P

「ドライブスティック」の特徴はフォールするときに自動でテールが揺らめくことですよね。

通常、オフセットフックでの使用はもちろん、逆付けでの使用がメインのバスアングラーもいます。

逆付けすることで、ドライブスティックはバックスライドしながらフォールするので、ストラクチャーなどにタイトに落とし込めます。

キャストが苦手で際に上手く投げられないでも手前から狙った位置にバックスライドしてくれるので、キャストミスを補ってくれることもあります。

ピンテールワーム【8位】 ディキャプチャー/DSTYLE(ディスタイル)

出典:DSTYLE

「ディキャプチャー」の最大の魅力は、グリングリンと落ちていくフォールです。

頭からフックを刺しても、後ろから刺してもアクションは健在。ただ一つ違うことがあるのは、後ろから刺した時にはバックスライドすることです。

チャターベイトのトレーラーやバックスライドセッティングを駆使してバスを釣ってください。

ピンテールワーム【9位】 リヴィングストレート/ENGINE(エンジン)

LivingStraight48_TOP出典:ENGINE

エンジンから発売されている「リヴィングストレート」はボディ本体はかなり細い形状となっています。

細いボディーから延びるピンテールもかなり小さく弱い小魚をイメージしたい時にぴったりのワームです。

個人的には津久井湖での実績が高く、リヴィングストレートでしか釣れないブラックバスもいるので一度使ってくださいね。

ピンテールワーム【10位】 パワーバランス/NORIES(ノリーズ)

出典:NORIES

ノリーズのワームといえば、エスケープツインですよね。だけど、ここでは「パワーバランス」を紹介します。

比較的硬めのマテリアルで、ボディの両サイドに小さくウイングのようなパーツが付いているので、安定してスイミング姿勢を保ちボディがしっかりしているのでピンテール部分がプルプルプルとバスにアピールします。

ノーシンカーやジグヘッドでオーバーハングの下などで使うと、効果的です!

ピンテールワーム【11位】 ハゼドン/MEGABASS(メガバス)

出典:MEGABASS

「ハゼドン」はメガバスのワームです。

柔らかめのマテリアルでナチュラルな水押しとアクションが魅力的なワームで、ノーシンカーでの使用がおすすめです。

中古釣具店などで見かけたときには使ってみてくださいね。

ピンテールワーム【12位】 ニードルシャッド/IMAKATSU(イマカツ)

Needle Shad ニードルシャッド

出典:IMAKATSU

イマカツの「ニードルシャッド」はとにかく使いやすい。

カラーによってはフラッシュプレートが内蔵されているので、よりアピールをしたいときやミドストのようなアクションの時に特に使いたいワームですね。

3インチから4インチまでラインナップされています。

ピンテールワーム【13位】 ピンテールワーム/ゲーリーヤマモト

出典:ゲーリーヤマモト

ゲーリーヤマモトの「ピンテールワーム」はとにかく小さい。ゲーリーヤマモトには2インチセンコーという反則スレスレのワームよりもさらに小さいです。

バスがいるとこが分かっているのなら、これを投げて釣れる確率は高確率です。

とりあえず1パック持っていれば安心です!!

ピンテールワーム【14位】 バスエネミースティック/EVER GREEN(エバーグリーン)

ローストクリアー出典:EVER GREEN

エバーグリーンから発売されている「バスエネミースティク」は頭によく分からない触覚のようなものが付いています。

これは、ウィードガードでジグヘッドなどで使うときにフックポイントを隠すことで根がかりを減少させる効果があります。

サイズは3インチから5インチまでありますが、ダントツで3インチがおすすめ。釣るための3インチって感じです。

5インチならチャターベイトのトレーラーにもベストマッチ。

ピンテールワーム【15位】 iシャッド/JACKALL(ジャッカル)

i Shad / iシャッド出典:JACKALL

「アイシャッド」はジャッカルから発売されているピンテールワームです。

ピンテール部分が短く、比較的太いのでそこまで繊細にアクションするわけではないので、繊細なアクションを求めるバスアングラーにはもの足りないのかなと思います。

アクションで誘うというよりもシルエットでバスを誘いたいときに有効なワームですね。

まとめ

まとめてて思ったのが日本のワームは優秀なものばかりということ。

どのメーカーのものもコンセプトがあって作られているので、よく動くから良いとか動かないから良くないとかそんなことじゃないってことです。

そのワームのコンセプトをしっかりと理解すれば出しどころも決まってくるし、用途に応じて使い分けができてくる。

道具が少ないのは絞れてるとも言えるけど、100%適切なアプローチが出来てるのかと言うと微妙なのかもしれません。

とはいっても、サポートを受けていない限りアクションやサイズ、カラーを毎回大量に持っていくのは大変なので、自分が信じたワームを持っていくのが良さそうですね。

日本のワームは優秀なので!!

超釣れる!!おすすめワームランキング(ストレートワーム編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です